年中行事:生きるブリヤート

ブリヤートはまるで「人間の顔」のようである。 そこには、普段、垣間見ることのできない繊細な特徴と多くの「美しさ」に出会えるだろう。 ブルヤートの匂いは、バイカルの空気、仏教寺院の香、松葉、ジャコウ草の匂いに満たされている。 その匂いは、バイカルの澄み切った雲に包まれ、それはまるで地球の息吹のようである。さらに、ブリヤートには、他では味わえない「音」と「味」がある。

ブリヤートに実際に住み、その地を愛し失わなければ、全ての良さを理解することはできない。 しかし、限られた時間でブリヤートを堪能したいと言うのなら、ブリヤート共和国を「生きる」しかない。

ブリヤートの観光スポットに関する
旅行案内

ブリヤートの観光スポットに関する
旅行案内
Typomaniaは大規模な文化事業であり、字体、タイポグラフィ、書道、モーションデザイン、デジタルアートの世界で最も重要なイベントの1つです。

秋は一年で最も美しい時期

「タイガ」は暖かい色合いで彩られ、バイカルの水が落ち着きのある透明感を帯び、街では埃っぽい落ち葉と夏の疲れが過ぎ去り、身も心もが引き締まり斬新なアイデアが生まれる9月にTypomaniaは行われます。

2012年から毎年モスクワで開催されていますが、ブリヤート共和国の首都ウランウデでは全く違う音色をしている。

ウランウデは、地域イベント会場の1つであり、最も東にある開催都市です。 Typomaniaの中でもブリヤート共和国は特別な枠組みに入っており、この地が選ばれたのは偶然ではない。

まさにこの場所が「アート」の東と西をつなぐ橋のような存在である。ここでは、世界のさまざまな地域のクリエイターが出会い、コミュニケーションを取り、経験を共有し合います。 ベルリンを拠点とするデザイナーとウランウデのモンゴルの書道家が感性を共有し、息を呑むようなコラボレーションを生み出します。

民族をモチーフとしたテクノミュー ジックが鳴り響くなか、会場には大勢 の人々が押し寄せる。
毎年、ブリヤートのTypomaniaは姿や形を変える。  一度は廃墟になったショッピングモールのコンクリートの壁を「モンゴルビチグ」とアートハウスのポスターで覆い、ホールには、現代モンゴルの芸術家による隠れたインスタレーションが展示され、ブリヤート共和国の美術館に保管されている希少本の展示会が行われた。
また、すべての作品が共和国の印刷所に集められ、近くの通りではマスタークラスが行われ、人々は青空の下で作品を作る。また、地元の美術学校の学生達がコンクリートの壁の近くに集まり、巨大なモンゴル文字を書く。
ブリヤート共和国では自然に痕跡を残すことは侮辱の行為とされているが、Typomaniaの芸術活動の一環として作品を残すことは自然かつ、必要な活動でさえある。 例えば、縦書きのモンゴル文字が書かれたTシャツを着て、誇りを示すのも必要なプログラムの1つである。

Типомания

Когда проходит
Сентябрь
Продолжительность
3 дня
Где проходит
Республиканская типография
Вход / Билеты
Свободный

SAGAALGAN

冬 二度目の正月。
Sagaalganは、ブリヤート共和国では、最も美味しく家族的でエレガントな休日とされている。 旧正月は一ヶ月間以上、大規模に祝われる。
冬のブリヤート共和国が冬眠状態になる。人々は毛皮のブーツを履き、帽子をより深くかぶり、より暖かい場所に陣取り、冬を乗り切るための自問自答を繰り返す。エネルギーと暖かさを保つため、不要な誘惑を追払う。
地元の人は正月と旧正月の二回を祝うことのできる幸せ者。

白い、それは美味しいということ 

Sagaalganは、最も家族的でエレガントなお祭

Sagaalgan、または仏教の正しい呼び方で「白い月のお祭り」は、一晩だけではなく1週間ほど続く 。お祝いの期間は、一連の伝統的な儀式とイベントで構成されており、無事に新年を迎えるために参加する必要がある。


「白い月」の名称は、お祝いのテーブルには少なくとも5つの乳製品が含まれている料理を用意しなければいけないという伝統からきている、その中には、自家製のカッテージチーズや「サラマット」、様々な種類のミルクから作られたチーズ、「ウルム」というミルクの泡を冷凍した伝統的な料理などが含まれている。 「白」は善と繁栄の象徴とされているため、乳製品はモンゴル系民族の間では、神聖であると考えられている。それらは、お菓子やウォッカと一緒に宗教的な儀式や供物としても使用されている。

汚らわしい物よ、去れ!

大晦日には、仏教徒の家では大掃除が行われ、「Dugjuuba」という儀式が行われる。これは、旧年の悩み、罪、不幸を祓い、古い年から新しい年へ無事に移るために行われる精神的な浄化の儀式である。

お祭りが行われる前夜に、信者は小麦粉と水で作った生地で体を拭き取ります。そして、「タバラン」と言う男性の形をした人形を、自分が患ってる病気や苦難、そして喪失を形に反映させながら人形の姿に練り上げる。その後、人形は寺院に運ばれ、大きな焚き火にくべられる。      実際に生地で肌をふき取る過程の中で、ネガティブな感情が消え、力が湧き出る感覚が生まれることから、この儀式はブリヤートの子供たちにとても好かれている


祈りを唱えた後、ラマは焚き火をつけ、火の助けを借りて悪の勢力の浄化と抑圧の儀式を行う。「お前は通さん!」と言わんばかりの巨大な燃える焚き火の叫びが邪悪を祓う。周りにいる人々は。火の中にある人形とそれに込めた諸悪が燃えて消えてゆく様を想像しながら見る。焚き火は「Dugjuub」というお祭りの中では必須な儀式であり、地元や森の中で自主的に行うことは禁止されている。

女神と「ブーズゥイ(ブリヤート風肉饅頭)」

(何故か2回目)大晦日には、仏教徒の家では大掃除が行われ、「Dugjuuba」という儀式が行われる。これは、昨年の悩み、罪、不幸を祓い、古い年から新しい年へ無事に移るために行われる精神的な浄化の儀式である。

人々を「数え」助けると言われている仏教の女神「ラモ」を迎え入れる準備をしなければならない。女神に「数えてもらう」には、日の出前に起きて蝋燭立てにお香を灯し、テーブルに供物を準備し、女神の注意を引く必要がある。


そして、お祭り当日には、家族全員で集まり互いに贈り物をし、お腹いっぱいになって倒れるまで食べなければならない。同時に、家族内の若い世代は、長老たちの家を周り伝統料理の「ブーズゥイ」を食べなければならない。


「ブーズゥイ」は最小限の食材とシンプルなレシピで調理される。各家庭の主婦が独自の方法で調理する有名な郷土料理で、小麦粉から作った生地、ひき肉、玉ねぎが材料で蒸気で蒸して作る。その形は、「ゲル」という遊牧民族がすむ家屋がモチーフとされている。「ブーズゥイ」を嫌いな人はいない。自分で食し、個人的な「ブーズゥイ」ランキングを考えるのも、ブリヤート共和国を知る楽しみになるだろう。

グローバルフラッシュモブ

新年の儀式と仏教には関係はないが、すでに伝統となった毎年2月に行われるもう一つのイベントがある。それは全国的なダンスフラッシュモブ「GlobalYohor」だ。



のさまざまな場所で同じダンスを踊るビデオが大画面に表示されることから、「グローバル」と呼ばれている。象徴的な光景を背景に、ブリヤートのフォークダンスが世界中のコミュニティを文化の渦に巻き込む。

ブリヤート人の間では、このダンスが先祖との関係性があるかどうか議論されてはいるが、フォークダンス「Yohor」は共和国のすべての人々に愛されており、曲が流れればどこでも踊り出してしまうことも多々あります。


この沸き起こる感情には、非常に活気に満ちた感動的な何かがあり、人々がそれに抗うのは難しく、リズムに合わせて足を上げて振り回し、喜びを享受する。

フラッシュモブが終わった後、目が回り、激しく心臓が鼓動し、遊牧民の鞍の下のひづめの音が微かに聞こえるだろう。耳には「erootikhon morindoo eloo minaa shambaya -a -a …(駿馬を駆って、君を連れて行こう:ブリヤート語より)」の歌の歌詞が繰り返す。


https://theatre-baikal.ru/performances/noch-yoxora.html

Сагаалган

Когда проходит
ФЕВРАЛЬ
Продолжительность
28 дней
Где проходит
ДАЦАНЫ, ЭТНОГРАФИЧЕСКИЙ МУЗЕЙ
Вход / Билеты
Свободный

「バイカルマイル」

春 ブリヤートのボンネビル
 バイカル湖の氷は厚さ最大1.5メートルで最も硬く、最も耐久性があるとされています。そして、まさにバルグジンスキー湾の氷上で、毎年3月恒例の「バイカルマイルスピードフェスティバル」が開催されます。

ブリヤートの3月は冬のため、まだ誰しもが凍りついて、毛皮に身を包むことにうんざりしている時期です。そこで、ブリヤート共和国の伝説的なバイカル湖の氷上では、人々が熱く高揚するイベントが行われます。

ブリヤートの冬の終わりは、他の重要なイベントとも関連しています。全ロシアのスキー大会「RussiaLoppet」の公式カレンダーに記載されている有名な「バイカルフィッシング」や「バイカルスキーマラソン」などです。しかし、そのエネルギッシュさ、ダイナミックさ、パワーの点で、バイカルマイルに勝るものはありません。


想像してみてください、眩いばかりの真っ白い雪原と大きくて青い空の間では、あらゆる形、柄、サイズの乗り物が想像を絶する速さでそのスピードを競っています。「ブリヤートボンネビル」へようこそ!

世界で最も深い氷の上でバランスを取るのは簡単なチャレンジではありません。新たなスピード記録や快感のため、または厳しいシベリアの状況で自分たちの可能性を試すため、世界中から力強いスポーツマンがここにやってくる。しかし、車が氷上でどのように動作するか、バイカルがそれを受け入れるかどうか、そして加速すること自体可能かどうかを確実に予測することは誰にもできません。 そしてもちろんエンジンが車の心臓部であり、大抵のレースの場合、最需要部分だが、バイカル湖の上ではスパイクやグリップのついている車の「靴」と呼ばれるタイヤが一番に大事になってきます。出場者のさまざまな工夫が施されている車を見るのも一つの楽しみです。
ー「このようなフェスを計画するにあたり、アマチュアとプロ両方の才能あるエンジニア達とパイロット達に成果を見せる機会を与えたかったのです。また、このような観客がたくさんいる環境は、自動車やモータースポーツに情熱を注ぐすべての人々を結びつけることもできます

イベントが開放的なのにもかかわらず、参加するのはそれほど簡単ではありません。 技術規制はレーシングカーに厳しい基準を課しています。主なものの一つとしては、参加者の安全と環境基準の遵守です。バイカル湖は、世界最大の淡水貯水池である事と、その生態系について決して忘れてはなりません。

Ice Baikalはあまり国民的なイベントではないかもしれませんが、間違いなく地球上で最も予測不能なレーストラックです。言うまでもなく、バイカルマイルフェスティバルは、記録されたスピードではロシアの上位を保持し続けています。
ー「バイカルマイル-2020」の最高速度は時速262kmで、記録はBMWS1000RRモーターサイクルのBMWIce チーム AlexanderMishkinisのパイロットによって達成されました。

だけでなく、ヨーロッパのレーサーも参加し、フェスティバルは国際的にゆるぎない地位を確立しました。


今シーズンの最も注目を集めている参加者は、ボンネヴィル湖でのスピードウィークの記録保持者でバイカル湖でも記録を樹立したフランスのベルトランデュベット「オデッセイモーターズ」と、彼らと一緒に参加しているバイカルプロジェクトのアイルランドの旅行者チームで、BBCの撮影クルーも、氷上で1,000 km以上を乗り越え、この結果はギネスブックに認定されました。

Байкальская миля

Когда проходит
МАРТ
Продолжительность
3 дня
Где проходит
п. МАКСИМИХА, 220 КМ ОТ УЛАН-УДЭ
Вход / Билеты
ПЛАТНЫЙ, ОБЯЗАТЕЛЬНАЯ РЕГИСТРАЦИЯ

遊牧民の歌声

夏 草原の音楽
11年間、都市の交響楽団の舞台で行われていた小さな実験的イベントは、ワールドミュージック愛好家にとって最大のイベントにまで成長しました。

厳しい大陸性気候のもとでは、1週間で自然が目覚め始め、木々がその新しい緑の羽を羽ばたかせると、現地の人々の「バイカルシーズン」は開始します。 特に気の早い猛者は泳ぎ始めます。 そして、熱心な観光客は、必見の場所を求め、探検を始めます。


重要なイベントは少しずつ、街の通りや自然で始まります。

元々のフェスティバルの拠点は、現在「ステップ遊牧民」観光基地になり、開催地は街から40分の民族文化保護地区「Atsuagat Zaigraevskii」に移転しました。
喉歌とジョージアのポリフォニーは、最新のテクノ、シンセポップ、ラウンジと混ざり合い新たな音楽を生み出します。

現地には大きなステージがあり、たくさんの機材やスクリーン、照明などが設置されており、またゲルがあ李、ラクダや民族衣装を着た人たちに会うことができます。


伝統的な「ゲル」の中では、「ブーズゥイ」の作り方やユネスコの無形文化遺産にも登録されているブリヤートのボードゲーム「シャガイナーダン」の遊び方、民族楽器の「モリンホール」の演奏などを紹介してくれます。


このフェスティバルは毎年、約30のロシア民族音楽隊などが参加し、聴衆はさまざまな地域や、ロシアだけでなく中国やモンゴル、インド、カザフスタン、韓国、ジョージア、さらにはアフリカ大陸の国々の珍しくマイナーな音楽を楽しむことができます。

Голос кочевников

Когда проходит
ИЮЛЬ
Продолжительность
3 дня
Где проходит
с. АЦАГАТ, 60 КМ ОТ УЛАН-УДЭ
Вход / Билеты
ПЛАТНЫЙ