神秘的なブリヤート
訪れ、見て、信じる
精霊、生きているミイラ、水の癒しの力など
ブリヤート旅行で待ち受けることについて正直に話しましょう。 普通のこと以外は全て。

ブリヤートはロシアの地域の中て最も正真正銘な場所の一つです。 ここバイカルでは、シャーマンが神聖な湖に向かって各々の神々へ祈りを捧げることは、仏教徒や古儀式派の間では何世紀にも渡って行われてきたことです. パワースポットを求め、世界各国からの観光客が訪れるこの場所。以下では、彼らが遭遇する場所について紹介していきましょう。
神秘的なブリヤート共和国;自身で訪れて、見て、信じてください。 ブリヤート旅行で待ち受けることについて正直に話しましょう。
精霊との友情
ブリヤートでは、あらゆる場所に精霊との友情精霊がいます。旅の道中には、地域の精霊が住んでいる神聖な場所があります。。そこは停留所になっており、旅が無事に終わるよう、信仰や国籍に関係なくお参りすることが大切である。
そこは停留所になっており、旅が無事に終わるよう、信仰や国籍に関係なくお参りすることが大切である。
そこは停留所になっており、旅が無事に終わるよう、信仰や国籍に関係なくお参りすることが大切である。
ブリヤートでは、あらゆる場所に精霊との友情精霊がいます。旅の道中には、地域の精霊が住んでいる神聖な場所があります。。そこは停留所になっており、旅が無事に終わるよう、信仰や国籍に関係なくお参りすることが大切である。
「バリサン」は精霊に捧げものを行う場所の名称で、木の上がリボンと旗によって装飾されています。また、「オボー」という石で作られた奉献台があり、各地域の精霊を奉るために崇められています。主に捧げ物として使用されているのは菓子類、お金、タバコ、リボンなどで、形は関係なく信仰することに意味があります。
精霊と挨拶するためには、車から降りて「オボー」の周りを時計回りに3回周り挨拶し、捧げ物を供え保護を求めます。贈り物なしに挨拶をしてはいけません。  ガイドの方達がアルコールを振りかけても驚かないででください、それものお供物の一つになります。
本物の女神と対面
本物の女神と対面
女神はバルグジンスキー地区のヤリクト村に2005年に現れ、同時期にデュガン「女神ヤンジマの宮殿」がここに建てられました。

ここはバルグジンスキー海嶺を見渡せる美しい場所で、 マニ車が並んでいる石の小道を辿れば岩までたどり着けます。言葉では言い表せないほどのエネルギーが満ち溢れており、懐疑論者でさえ涅槃の状態にさせてしまいます。

女神ヤンジマの顔が岩の上に現れ母性を分け与えます。これは嘘ではなく、何百万人もの人々が目の当たりにした事実です。現れる形は違いますが、毎回同じ場所に出現し、消えます。保護を求めて世界中からやってきて、実際に願いが叶った事例も多数存在します。
女神ヤンジマの顔が岩の上に現れ母性を分け与えます。これは嘘ではなく、何百万人もの人々が目の当たりにした事実です。現れる形は違いますが、毎回同じ場所に出現し、消えます。保護を求めて世界中からやってきて、実際に願いが叶った事例も多数存在します。
女神はバルグジンスキー地区のヤリクト村に2005年に現れ、同時期にデュガン「女神ヤンジマの宮殿」がここに建てられました。
Left
Right
聖地出現の歴史もとても面白く、20世紀の1930年代、宗教弾圧が行われていた期間中、仏教の僧侶たちは谷で破壊されたバルグジンスキーダツァンの遺物を保護し、そこへ隠したとされています。1996年に偶然そこを通りかかった農民が千の仏像が描かれているピラミット型の儀式石を見つけましたが公言しませんでした。
2005年、ラマ達がダツァンを建てられる場所を探しにきた際、この話を聞きつけ、すぐさま隠された遺物の探索を始めます。「パンディット・ハンバ・ラマ」のダンバ・アユシーフは、深い瞑想の最中に、岩の上で女神の顔が見え、その場所から近い場所で遺物は見つかりました。人々はその後、女神の保護を求めるためたくさん訪れるようになりました。
全ての儀式が終わった後、岩を直視し自分の一番かなえてほしい願い事ををしなければならない。女神が現れれば、願いは叶います。もちろん問いかける際は、心を完全に開き、信じ、愛さなければなりません。
セレンガバレーで起った「ヨギン」の現象
主要な仏教寺院であるパンディイトカンボラマXIIダシドルジョイティゲロフの即身仏についての話は、冗談や嘘話のように感じる人もたくさんあるが、科学者はまだこの現象を説明することができておらず、今のところ説明できる唯一の定義は「奇跡」です。

けました。取り出された体は、生命の兆候を示し腐敗しておらず、外観、関節、弾力のある肌や成長している髪や爪さえ確認されました。ラマはいまだに同じ体勢で鎮座しており、体温も変化し、体からは心地よい匂いが感じ取れます。
けました。取り出された体は、生命の兆候を示し腐敗しておらず、外観、関節、弾力のある肌や成長している髪や爪さえ確認されました。ラマはいまだに同じ体勢で鎮座しており、体温も変化し、体からは心地よい匂いが感じ取れます。
主要な仏教寺院であるパンディイトカンボラマXIIダシドルジョイティゲロフの即身仏についての話は、冗談や嘘話のように感じる人もたくさんあるが、科学者はまだこの現象を説明することができておらず、今のところ説明できる唯一の定義は「奇跡」です。
証言によれば、ブリヤートのラマたちは王族の治療に貢献していたため、ニコライ二世はイティゲロフの能力を高く評価していたという情報が残っています。今現在も多くの仏教徒は、即身仏のラマがまだ瞑想から目覚めると信じています。
ラマの即身仏は、イヴォルギンスキーダッツァンの敷地にある個別の宮殿に置かれており、決まった日にしか彼に会うことができず、写真撮影や録画は禁止されています。世界中の信仰者達がここに集まり、この奇跡に「触れ」、祝福を求めます。彼に会えた人の話曰く、ラマの周りにはとてつもなく強いエネルギーが渦巻いており、ダッツァン自体は、別世界にあるような感覚だったとのこと。
ハーブや動物の臓器による治療法
ハーブや動物の臓器による治療法
信じられない事実!ブリヤートには、医師が脈拍によって病気を判断するチベット医学のセンターがあり、治療が処方されるのですが、チベットの珍しい治療法ばかりで、ハーブからマッサージ、鍼治療、瀉血、石療法、灸などさまざまです。



多くの薬草はブリヤート共和国内で育ち、チベット医学の地図に記載されています。例えば、アサガスト渓谷にあると知られており、200年前からすでにチベット医学の中心地であったマンバダッツァン
 多くの薬草はブリヤート共和国内で育ち、チベット医学の地図に記載されています。例えば、アサガスト渓谷にあると知られており、200年前からすでにチベット医学の中心地であったマンバダッツァン。

信じられない事実!ブリヤートには、医師が脈拍によって病気を判断するチベット医学のセンターがあり、治療が処方されるのですが、チベットの珍しい治療法ばかりで、ハーブからマッサージ、鍼治療、瀉血、石療法、灸などさまざまです。
「マンバダッツァン」の修道院長Choinzon Iroltuevはニコライ2世の王室の主治医をしており、当時、臓器移植は行われていなかったのにも関わらず、彼は王族の一人にオオカミの肺を移植することに成功したと言われています。
ここではチベット医学とともに、古代の治療方法が実践されており、家畜の内臓を病気の人間の臓器に移植することもあったそうです。多くの場合は通常の治療に効果がないときに試されます。あなたならできますか?
「生きている」水の一口
鉱泉から採取ことができます。また、その水には「精霊」が宿っているともされています。



鉱泉の数に関して、ブリヤート共和国は記録保持者であり、アルプスやバーデンバーデンと比較されることがよくあります。最も有名なのは、サヤン山脈のふもとにある絵画のように美しいアルシャンリゾートです。海抜893メートルの位置にあり、済んだきれいな空気や森の香りが漂う癒しの泉。治療所を訪れるだけなら価格もお手頃で素晴らしい休息になるでしょう。
鉱泉の数に関して、ブリヤート共和国は記録保持者であり、アルプスやバーデンバーデンと比較されることがよくあります。最も有名なのは、サヤン山脈のふもとにある絵画のように美しいアルシャンリゾートです。海抜893メートルの位置にあり、済んだきれいな空気や森の香りが漂う癒しの泉。治療所を訪れるだけなら価格もお手頃で素晴らしい休息になるでしょう。.
鉱泉から採取ことができます。また、その水には「精霊」が宿っているともされています。
Left
Right
アルシャンの各鉱泉には独自の伝説があります。最も有名とされているのは、狩人の話です。狩人が数日間怪我をしたシカを追いかけ「タイガ」をさまよっていたところ、もう少しで捕まえられそうになった瞬間、シカが泉の水を飲み、力が湧き出ものすごいスピードで走り去っていったというものがあります。
狩人が恐る恐る水に入り、その飲んでみるとまるで生まれ変わったような感覚になったという。それから彼は谷の下の住民にそれについて話して以来、人々はそこへ回復を求め集まるようになったのだという。
アルシャンの各鉱泉には独自の伝説があります。最も有名とされているのは、狩人の話です。狩人が数日間怪我をしたシカを追いかけ「タイガ」をさまよっていたところ、もう少しで捕まえられそうになった瞬間、シカが泉の水を飲み、力が湧き出ものすごいスピードで走り去っていったというものがあります。
願いの実現
世界の至る所に願いことができる場所があり、実際に叶う事例も多数存在する。ブリヤートにはそういう場所がたくさんあり、訪れる際は「ウィッシュリスト」をお忘れなく持ってきてください。
何か問題を解決したいなら「ブル」ストーン
この石はバルグジン渓谷の所有者である霊魂が刻まれていると信じられてます。昔、あるブリヤート人が冬に牛の群れを追っていた時に、1頭の雄牛が谷を離れたくない素振りを見せました。全部で3回ほど強制的に連れ帰ろうとしたが全く動かず、そのまま石になり永久にそこに留まったとされています。それ以来、牛は崇拝されるようになり、人々は自分で抱え込んでいる問題などの解決法を求め、この地にやってくるようになった。
お金の岩「5本の指」
地面から突き出ている石が手に似ていることから「5本の指」と言われており、ある伝説によると、これらの5本の指はチンギスハーンの右手であり、もう一つの左手はモンゴルにあると言われています。ガルタイ村の近くに場所があり、古くから神聖な場所とされ、運と富を引き寄せることができるとされてきました
力を求め、チンギスハーンの王位へ
サヤン山脈のふもと、アルシャンの村から遠くないところに、巨大な石があり、チンギスハンの王座と呼ばれているものがあります。伝説によると、偉大なハーンはここで敵を倒すために精霊をなだめていたと言われています。自力で「王座」を見つけるのは難しいとされているため、邪悪な考えを持っている者の前には現れないともされています。
信じられない伝説や説明のつかない現象、神秘的なバイカル湖を冒険し、休息し、楽しんでください。

ブリヤートを旅行した後、あなたの世界は現実をも越え、今まで信じなかったことも信じられるようになるでしょう。